35歳バツイチ子持ちが通信教育で保育士資格取得にチャレンジ!

MENU

保育士の資格を通信教育で取得するのにオススメの方法は?

保育士 通信教育 おすすめ

わたしのように「保育士になりたい」と考えている人は大勢います。やはり不安定な時代ということで安定を求めている人が多いのかもしれません。また「子供が好きだからそれを仕事にしたい」という人も多いでしょう。

 

 

実際、保育士は「安定していますし、やりがいのある仕事」ですよね。わたし自身、小さいころ保育士になるのが夢でした。そこで離婚と同時に安定した職に就きたいと思いいろいろ考えて出した答えが『保育士』でした。

 

 

厚生労働省の試算では2017年度に必要な保育士は46万人で現在働いている保育士の数が約37万人。2017年度にはおよそ8万人が不足と言われています。女性が長く働ける仕事としてこれからますます需要が高まると思っています。

 

 

 

では誰でも試験を受けることができるのか?

 

 

保育士の資格を取得するには高卒のわたしでも試験を受けることができるのか?専門学校や大学を卒業してなくても大丈夫なのか?

 

 

保育士の受験資格は学歴によって微妙に異なります。平成3年3月31日以前の卒業であれば高卒だけで試験資格がありますがそれ以降の場合は保育科を卒業した場合に試験資格があります

 

 

詳しくはこちらで確認して下さいね ⇒ 保育士受験資格

 

 

短大卒以上であればどの学科でも受験資格があります。(専門学校の場合は学校の種類によって異なりますので上記のサイトで保育士受験資格があるかどうか確認して下さいね。)

 

 

残念ながらわたしは平成3年以降に商業高校を卒業したのでこのままでは受験資格はありません。なのでわたしが保育士の資格を取得するには保育士養成校に入って勉強する必要があります。

 

 

そこでまずは通信教育で保育士の勉強ができるところがないかを調べました。たくさんありすぎて大変だったのですがこちら↓のサイトなら簡単に複数の通信教育や講座を比較することができたのでとっても簡単でした。

 

 

 

 

 

その方法ですがまず上記の画像をクリックします。

 

すると下のような画面になりますので右上の赤丸で囲まれている【通信講座】という所をクリックします。

 

 

保育士 通信教育 おすすめ

 

 

【通信講座】をクリックすると下のような画面になりますので下の方に検索窓があります。

 

そこに【保育士】とキーワードを入れて検索をクリックします。

 

 

保育士 通信教育 おすすめ

 

 

すると下の画面のように件数が出ます。

 

あとは右側のオレンジの【資料請求リストに追加】をクリックするだけで気になる資料を請求することができます。

 

 

保育士 通信教育 おすすめ

 

 

もちろん資料の請求は無料です。ただこういう資料の請求をすると「強引な勧誘があるのでは?」と心配になりませんか?少なくともこちらで資料を請求したものに関しては、簡単な質問をする電話などはいくつかありましたが、強引な勧誘はありませんでしたので安心して良いと思います。

 

 

 

 

トップに戻る

 

 

Sponsored Link